優秀なDTMソフトにも関わらず、残念ながら利用者の少ないMac版GarageBandですが、HDD(SSD)の容量を多く占有してしまうのが難点です。ですので、使用していない方は削除してしまおうと考えるのですが、アプリ本体を削除しただけでは効果は期待できません。なぜなら関連ファイル(主にループ音源)が膨大だからです。ですので、HDD(SSD)の第一階層から辿って以下のファイルやフォルダを削除してください。

アプリケーション/GarageBand
ライブラリ/Application Support/GarageBand
ライブラリ/Application Support/Logic
ライブラリ/Audio/Apple Loops
ライブラリ/Audio/Apple Loops Index

また、GarageBandで作成したファイルのデフォルトの保存場所は

ユーザー/ユーザー名/ミュージック/GarageBand

ですので、ここに「名称未設定」などのファイルが残っている場合があります。これも削除してください。ただしこれら操作はライブラリ内をいじることになるので、削除はくれぐれも自己責任でお願い致します。GarageBandと連携している他のiアプリ(iMovieなど)で不具合が起こる可能性があるので、フォルダはそのままにし、中身のファイルだけ削除する方が安全かも知れません。

 ところで、「昔ギターをちょっとやってて、コード弾きくらいならできるよ」という方は削除の前に一度でいいですからGarageBandを起動して「空のプロジェクト」を選択、「ソフトウェア音源」を選んで「作成」をクリックしてください。「ミュージックタイピング」のウィンドウは消して、右上の右端から二番目のループのボタンを押しループブラウザを表示、そこにある「Southern Rock Guitar」の緑のアイコンをトラック画面にドラッグ&ドロップすればリージョン(緑のプレート)が自動的に作成されます。そのリージョンをダブルクリックすれば下部にピアノロールの編集画面が現れるので、ピアノロールのバーを好きなところに動かしてください。すると・・・あら不思議、自分の思い通りのアルペジオのフレーズが作れます。

 リージョンはトラック画面でずるずると好きなだけ引き延ばすことができるので、同じフレーズをリージョンの数だけリピートさせることができます。フレーズは同じにしてコードチェンジがしたい場合は、ピアノロール編集画面で該当のフレーズのバーをまるごと上下に動かせばコードが変わります。編集画面の縦軸は半音刻みになっているので、半音上げたければ1目盛り、全音音上げたければ2目盛りあげればいいだけです。カポを思い出してください。カポの位置を1フレット上げるのと同じ理屈です。

 さあ、これだけの操作方法がわかれば一曲分のギターのフレーズを作るのは簡単なはずです。GaregeBandはあなたの指示した通りに正確にギターを弾いてくれます。それを身近な誰かに聴かせて「俺が作った曲だよ」と言って驚かせましょう。

 ここまで説明しても「いらない」と思うならもう止めません。サクッと削除し、GarageBandのことはきれいさっぱり忘れて、快適なMacライフをお楽しみください!(泣。